早漏と脳内物質の関係性

色々な薬のスプーン

早漏は単にペニスが通常よりも刺激に対して弱いというだけではなく、脳内物質が関係しているケースもあるということがわかってきています。
そこで、早漏に深い関係性がある脳内物質は、セロトニンとノルアドレナリンであるといわれています。
なぜ、この2つの脳内物質が関係しているのかというと、ペニスが射精するまでの一連のプロセスを考えればわかります。
ペニスが射精するまでの流れとしては、副交感神経が優位である状態で、性的な興奮が加わり、交感神経にスイッチが入り、徐々に性的快感が蓄積され、最終的に射精に至るという流れになっています。
ここで、性的に興奮した状態になるとノルアドレナリンが分泌されると考えられていますが、早漏の人の場合は、このノルアドレナリンが大量に分泌されている可能性があるといえます。
もし、ノルアドレナリンが大量に分泌され、その量をコントロールすることが難しい体質の場合すぐに交感神経が優位になって射精モードに入ってしまうということになります。
もう一つの脳内物質であるセロトニンに関しては、早漏の人はセロトニンの分泌量が通常の男性よりも少ないといわれています。
セロトニンはノルアドレナリンの分泌を抑制する作用がある脳内物質であり、射精モードにブレーキをかける存在でもありますから、これが不足すると早漏になってしまうということがいえます。
ですから、早漏を改善するためには、ノルアドレナリンの分泌を抑えて、セロトニンを増やすということがポイントになってくるということが考えられます。
そこで、最近ではセロトニンを増やす効果のある薬を服用することによって、早漏の改善を図ることも増えてきていますから、まずは医師に相談してみるとよいでしょう。